日本語英語
サポート
HOME お問い合わせ
 top > プライバシーポリシー

松沢大樹

国見ケ丘未来クリニック
1
2
研究概説
1
2
PETによるがんの画像診断
1
2
3
松澤ルーム
1
2
3
4
資料
1

>> go to toppage

松澤大樹 松

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
   

 

 当サイトは利用者の氏名・生年月日・住所・問い合わせ内容等の個人情報の保護に関し、以下の取組みを実施いたしております

 収集した個人情報について当サイトは、利用者の個人情報を、利用者に承諾頂いた利用方法および目的の範囲内で利用いたします。当サイトは、下記のいずれかに該当する場合をのぞき、第三者への個人情報の開示は致しません。

 
第三者への開示につきまして事前に利用者の承諾を得た場合
利用者へ弊社サービスを提供する上で必要となる業務委託先に、機密保持契約を結んだ上で開示する場合。
法律などにより開示が要求される場合

 当サイトが利用者からご提供いただいた利用者の個人情報は、厳重に管理を致します。また、紛失、改竄、破壊、漏洩などに対して適切な予防措置を執り、万が一の場合には、可能な限り速やかな対策を講じます。

【クッキー機能について】

 ホームページの製作にあたりましては「Cookie(クッキー)」技術を使用することがあります。Cookieは、Webサーバーから利用者が使用しているWWWブラウザにデータを送信し、その内容を参照することを可能にしています。Cookieを使用すると、一度入力いただいた内容をWWWブラウザに記憶させることが可能になるため、同じ内容を何度も入力する必要が無くなります。また、以前の参照歴より、さらに適切な形での情報提供が可能になります。

 当サイトは、サービス内容変更、ネットワーク技術の発達などにあわせ、利用者に予告または通知することなく、本内容を合理的な範囲で改訂および追加をさせていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。

【ブレインイメージングと倫理の問題について】

 以下の記述は当サイトにおいても遵守されているものであり、あらためてここに転載いたします。
「目で見る脳とこころ」40頁(松澤大樹・記)

 掲載している画像の数多くは、臨床上患者の病気の診断のために必要であり、撮影されたものである。しかし、検査の対象が生きている人の「脳とこころ」であり、人間の人格そのものであり、プライバシーが最も尊重され大切に守られなければならない。研究上必要で行った検査の場合には、以下のことが厳守され、被検者の人権が慎重に守られている。

1
医師が責任者として検査を進める。
2
被験者の精神的安定と身体的安全を確保するための対策を講じる。そのため健康診断表を作成する。
3
必ず被験者または保護者から承諾書を得る。そのために検査の目的と安全性を十分に説明する。
4
被験者のプライバシーの保護のため、検査中、検査後の資料の保管に注意が払われている。

 もちろん、このサイトに掲載する症例に関しても、個人の特定ができないように細心の注意を払っていることはいうまでもありません。