時間帯での予約となっています。予約時刻の10分くらい前にいらしてください。
早くに来院されても、待合室が混んでいる場合には一旦ご帰宅をお願いすることがあります。

有効なパスポートをお持ちになってください。

検査の料金

新型コロナウイルスPCR検査:35,200円(税込)
※標準的な結果証明書発行を含みます
※ハワイ州、中国への書類も発行可能です

新型コロナウイルス血中IgM抗体検査:5,500円(税込)
※PCR検査と同時に実施する場合

新型コロナウイルス感染後の証明書について(アメリカヘの渡航)

新型コロナ感染後に渡航される場合の診断書作成をいたします。
次の内容がわかる書類をご用意ください

  • 診断日(診断書があればわかりやすいです)
  • 診断結果(検査結果の用紙)
  • 隔離治療を受けた期間(保健所から証明書が渡されます)

新型コロナウイルス感染後の証明書について(中国ヘの渡航)

1.ワクチン未接種で新型コロナ感染者やPCR検査、抗体検査のいずれで陽性と判明された方。
2.新型コロナ感染後やPCR検査、抗体検査のいずれで陽性と判明された後ワクチンを接種し、接種完了から14日間経った方。
3.ワクチン接種完了後にPCR検査で陽性が出た方。

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/dsgxx/t1904798.htm

  • 肺のX線検査
  • 2回のPCR検査(検査日時は24時間以上空けること)

この検査と証明書の発行も承ります。
料金は44,000円(税込)です。

QRコードの追加について

エジプト等への渡航に際しQRコード付きの証明書が推奨されるとの通知があります。

日本国内には国際規格に準じたQRコード等の発行機関がなく、各医療機関で独自の発行をしていることが多いようです。
当クリニックでは証明書をPDFとしてサーバーに保存し、そのアクセス用のアドレスをQRコードとしてお渡しする証明書に印刷しています。その際に、QRコードを付加しない書類も同時に発行いたします。
※デジタル証明書としてはIATA Travel Passなどもありますが、発行できる医療機関は限られています。

二重国籍の場合

アメリカ合衆国と日本国の二重国籍の場合で、アメリカ合衆国(ハワイ州含む)への渡航の際は、アメリカ合衆国のパスポートに準じた内容で記載いたします。これは在日アメリカ大使館のウェブサイトの記載に準じています。

https://jp.usembassy.gov/ja/services-ja/dual-nationality-ja/