渡航までのスケジュールと調整いたしますのでお問合せフォームからご相談ください

数日経っても当院からの返信がない場合には次のアドレス宛てに電子メールで次の内容をお送りください

  • お名前
  • 連絡先電話番号
  • 相談したい内容

問合せメールアドレス  toiawase@mirai-clinic.net

渡航先により推奨されるワクチンが異なります
検疫所のウェブサイトで概略を確認してください

Jump to FORTH website on click!

よくあるお問い合わせの例

アメリカへの留学

  • ポリオワクチン:経口で2回の場合、追加で注射(不活化ワクチン)を2回必要です
  • 三種混合ワクチン:国内未承認製剤のDPTではなく、未承認製剤のTdapの方が渡航先での問題は少ないようです。取り扱いあります。
  • A型肝炎、B型肝炎:3回接種を求められる場合は6ヶ月必要です
  • 髄膜炎菌ワクチン:当院でも接種可能です。
  • 証明書記入可能です(別途費用必要、事前に画像をお問い合わせフォーム等からお送りください)

アジア地域への渡航

  • 狂犬病ワクチン:最短で3週が必要です
  • 腸チフスワクチン:国内承認製剤が存在しないため、海外の製剤TyphimViを用意しています
  • A型肝炎、B型肝炎ワクチン:3回接種を求められる場合は6ヶ月必要ですが、4週2回で出発される方も多いです

小児への接種

  • 定期予防接種で、接種可能なものは全て受けてください
  • A型肝炎ワクチン:1才以上が推奨ですが、1才未満でも接種可能です
  • 狂犬病ワクチン:全年齢で接種可能です
  • 腸チフス:2才以上が対象です

狂犬病ワクチンを接種すべきなのか?

  • 狂犬病の発生がない国・地域(清浄国)は全世界でも日本、台湾、シンガポール、ハワイ、太平洋島嶼国、英国、オーストラリアなど少数です
  • 狂犬病ウイルスを保有する動物はイヌ、コウモリ、ネコ、キツネ、マングースなど幅が広いです
  • 動物に触れることが多いようであれば接種を奨めます
  • ゾウも狂犬病を発症しますが、咬むことがないためヒトに感染させる可能性は小さいと見込まれています
    (以前に渡航予定の6才男児から質問があり調べました)

当クリニックで取り扱いのあるワクチン

狂犬病ワクチン

製剤名ラビピュール
料金17,600円
スケジュール1回目0日目
2回目7日目
3回目21日目もしくは28日目

A型肝炎ワクチン

未接種の方:基本的には3回接種が必要ですが、渡航までの日程の制約で2回接種となることがあります
以前に接種がある方:以前の接種状態によります。ご相談ください。

製剤名エイムゲン
料金7,700円
スケジュール1回目0日目
2回目2週から4週後
3回目初回から24週後

B型肝炎ワクチン

未接種の方:基本的には3回接種が必要ですが、渡航までの日程の制約で2回接種となることがあります
以前に接種がある方:以前の接種状態によります。ご相談ください

製剤名ビームゲン
料金6,600円
スケジュール1回目0日目
2回目4週後
3回目初回から20週から24週後

破傷風トキソイド

25歳くらいまでの方:小児定期予防接種が完遂できている方は不要と考えます
※三種混合ワクチン、二種混合ワクチンに破傷風トキソイドが含まれています

30歳くらい以上の方:破傷風トキソイドを10年以上接種していない方は最初からのやり直しと考えてください

製剤名破傷風トキソイド
料金4,400円
スケジュール1回目0日目
2回目3週~8週後
3回目初回から1年~1.5年

日本脳炎ワクチン

1980年以前の方は抗体が少ない方が多いですので、小児定期予防接種が完遂できていても1回接種を検討してください
2005年以降の定期予防接種の積極的勧奨の差し控えの影響もありえますので、母子手帳を確認してください

腸チフスワクチン

日本国内承認製剤がないため国内法に則り輸入したものを常備しています
TyphimVi®(国内未承認製剤)

三種混合ワクチン

海外で頻用されるTdap(製品名BOOSTRIX®)を常備しています
※国内未承認製剤

国内承認製剤のトリビックも対応可能です

その他のワクチン

ポリオワクチン
髄膜炎菌ワクチン